希望の性別がある人は是非、1人目から産み分けを

産み分け×実践
スポンサーリンク
スポンサーリンク

何人目から産み分けを考える?

産み分けはみんないつ考えるのでしょうか?

ネットで見ていると、2人目や3人目からが多いですよね。

「1人目は性別にこだわらなかったけど、1人目が男の子(女の子)だったから2人目は女の子(男の子)が欲しい」というママが多いからだと思います。

1人目から産み分けを考える人って少ないですよね。実際私も自分が男の子を妊娠するまで、自分がこんなに女の子が欲しい気持ちがあったことに気付きませんでした。

 

女の子が欲しいママは多い

「女の子のママになることが夢」というママは結構多いです。自分と同性だからでしょうか。

私もピンクやレース、フリルが大好き。周りにも「女の子のママになりそう」と言われていて、当然のように自分は女の子を産むような気がしていました。

それが、生まれたのは予想外の男の子…。どちらが生まれるかなんてわからないので、当然なんですけどね。当時の私には衝撃でした。

女の子が欲しかった私は、2人目は産み分けを考えました。

 

1人目からの産み分けがおすすめ

上で、2人目や3人目から産み分けを考えている人が多い…と書きましたが、子供に希望の性別がある人は1人目から産み分けをするのがおすすめです。

その理由を書いてみます。

プレッシャーが違う

子供は何人を考えていますか?

大抵の方は2人~多くて3人だと思います。

例えば自分がすごく女の子が欲しかったけど、1人目が男の子だった。でも家族計画では子供が2人。そうなると、次は女の子を産むしかありません。産み分け妊活をしても女の子の確率は100%じゃない。「もう後がないこと」、これは私も経験がありますがすごくプレッシャーです。

一人目なら「次は希望の性別だといいな」と思える余裕がまだあるのですが…。

3人目で産み分け失敗して、「1人目から産み分けしていれば誰か1人は女の子だったかもしれない…」なんて嘆いている人の話も聞いたことがあります。

 

本来子どもは2人で家族計画していたのに、2人目も男の子だったから女の子が欲しくて3人目にチャレンジした…という人も多いです。(私の周りにも何組かいます。)

そして予定より子どもが増えたことで、学費や部屋の数で家族計画が変わって大変になった人もいます。

 

是非、1人目から産み分け妊活を

今この記事を読んでくださっているということは、産み分けを考えている方でしょうか。

あなたがまだ妊娠前で、希望の性別があるならばとてもラッキー!

1人目妊娠前から「産み分け」を知ったこと。これはすごいチャンスだと思うんです。

希望の性別があるならば、是非1人目からでも産み分けにチャレンジしてみてください。