女の子産み分けで一番大事なことは「焦らないこと」

産み分け×実践
スポンサーリンク
スポンサーリンク

女の子の産み分けは難しい

産み分けをするだけで妊娠の確率は半分になる

女の子の産み分けは「妊娠しにくい」状態を作り出すことが大切になります。

★女性の体内を酸性に保つ
★女性の体液を減らす
★排卵日の2日前を狙う

これは全て、「妊娠」をしにくくしています。

 

単純に考えて、性別は男の子になるか女の子になるか1/2の確率。

女の子を狙うだけで、妊娠の確率も半分になっています。

 

一人目より二人目の方が妊娠しにくい

産み分けをする方は、2人目以降の妊娠の方が多いと思います。

上の子の妊活であまり苦労しなかった方は、産み分けするとなかなかできないことに戸惑うとかもしれません。

 

1人目を妊娠した時より、体は確実に年を取っています。

妊活は歳が上がれば上がるほど難しくなるのは周知の事実ですよね。

 

なので、一人目はあっさり出来たのに2人目産み分けしたら出来ない…という方が多いんです。


産み分けは焦らないことが大事

特に上の子をあっさり妊娠できた人は、妊娠しないことによって

「どうして妊娠しないんだろう」
「このままできなかったらどうしよう」
「毎月の産み分けにかかる出費がきつい」

という気持ちになると思います。

 

このメンタルの問題というのは非常にやっかいで、子供が出来ないと「女の子が欲しい」という気持ちから「もうどっちでもいいから早く子どもが欲しい」という気持ちに変化してしまうんですね。

私もそう思いました。

 

妊娠を望んでいる時の1カ月ってとても長く感じます。

妊娠するチャンスは月にたった1回しかありません。

女の子の産み分けをしていると、ちょっとタイミングを読み間違えただけでその周期は妊活できなかった、ということもあります。

 

私も「どっちでもいいから子供が欲しい」という気持ちに変化してしまったのです。

 

●産み分けより子供をもう一人産むことを優先したい方
●1人目から赤ちゃんが出来にくかった方
●高齢の方
は産み分けするよりも、妊活に重点を置いた方がいいのかもしれません。

 

焦って産み分けした結果、性別が判定するまではとても苦しい毎日でした。

「どうして焦ってしまったんだろう」
「赤ちゃんは逃げないのに」

一生懸命男の子でも受け入れられるように気持ちの整理をしました。

 

結果的にお腹の子供は女の子だったので良かったのですが、

もしこれで男の子だったら、私は焦って妊活してしまったことをずっと後悔することになっていたでしょう。

 

過去書いたお金のこともそうですが、

結局産み分けで1番大事なことは「どれだけ悔いのない産み分けが出来たか」ということだと思うんです。

必ず成功する訳ではない以上、産み分け失敗することもあります。

その時
「これだけ頑張っても希望の性別じゃなかったのだから、もう仕方ない」と思えるのか
「あの時〇〇をしておけばもしかしたら希望の性別だったかもしれない」と後悔するのか。

焦らないで、自分の納得できる産み分けをしてください。

決して後悔しないように…。